昔は紙で今はネットで

転職サイトとは何か

まずは、「転職サイト」とは、どのようなサイトなのかを説明いたしましょう。
文字通り、「転職」したい人のためにあるサイトです。

最初に、「転職」の言葉の定義をはっきりさせましょう。
転職とは、今の職業や働いている会社から、別の職業や別の会社に移って働くことを指します。
今ある仕事を辞めて、新しい仕事に就きたいと考えている人が、転職者向けに公開されている求人広告を探せるサービスが導入されているサイトを、「転職サイト」と言います。

基本的には、サイト運営者は転職者向けの求人広告をサイトに掲載して、利用者がサイト経由で求人に応募する、という仕組みです。
利用者、登録者のターゲットを「転職したい人」に絞っているのが、転職サイトの特徴で、強みなのです。

どんなサービスがあるか

転職サイトは、転職者を募る企業にどのような求人をしたいのか提示してもらいます。
それを掲載するためにサイト運営側と企業が契約を交わします。
そして、サイトへの掲載料金を支払ってもらうことで収益を上げています。

転職サイトは、転職者を募集しているため、求人の条件や枠が狭いのが特徴です。
企業としては、転職者の中でもよりよい人材を採用したいので、登録者、利用者が多いと思われるサイトに掲載したいと考えるのが一般的でしょうね。

転職サイトのサービスには「求人掲載」、「スカウト機能」、「転職ノウハウや転職に関係するコラム」、「適職診断のテスト」が含まれていることが多いです。
転職も、利用者にとっては就職活動です。
このようなサービスがサイトに含まれていることによって、利用者に対して、転職活動の応援も行っています。


B!